日本の食文化を世界に、未来に伝えることの重要性とは【BEYOND 2020 NEXT FORUM】

Vol.3「日本の食のグランドデザイン」第1セッション「食のテーマパーク 食とテクノロジーの融合」
写真左から、一木広治、小澤雄太、西経子、小山薫堂、山崎能央、菊池紳、原誠、朝日透(敬称略)
「BEYOND 2020 NEXT FORUM-日本を元気に! JAPAN MOVE UP! -」Vol.3「日本の食のグランドデザイン」が8月30日、都内にて開催。若手起業家、企業経営者、アーティストなど各界の有識者が「2020年以降の日本を元気にする」というテーマを掲げ活動するするプロジェクト。フォーラム第3回となるこの日は「日本の食」をテーマに、さまざまな業界で、日本の食の可能性に挑む6名が登壇した。

 第1セッションは「食のテーマパーク 食とテクノロジーの融合」と題して、日本の食文化をそれぞれのかたちで発信する3名が登場。

 人気番組「料理の鉄人」などを手掛け、現在では若手料理人コンベンション「RED U-35」を手掛ける小山薫堂氏(放送作家・脚本家)、農林水産省で日本の食文化を国内外に発信している西経子氏(農林水産省/食料産業局 食文化・市場開拓課長)、地方自治体とのコラボレーションメニューを開発するなど、エンターテインメントの世界から日本の食の魅力を発信している俳優の小澤雄太(劇団EXILE)が、それぞれが現在行う活動や、食文化発信の可能性を語り合った。ファシリテーターは「BEYOND 2020 NEXT FORUM」の発起人代表で株式会社ヘッドライン代表取締役の一木広治氏。
1 2 3 4 5>>>
白鳥大珠が“ロッタンの兄貴分”のタイのMVP男と1年越しの対戦【2.28 RISE】
元西武の相内誠の格闘家デビュー戦の相手が強打のモンゴル人に決定【2.28 RISE】
小島よしおが「おめでピーヤ!」地域自慢の味覚が勢ぞろい<フード・アクション・ニッポンアワード>
フィギュアスケート全日本選手権 本田太一と日野龍樹【アフロスポーツ プロの瞬撮】
韓国でトレンドのセルフ写真館!刹那館in新大久保【FRONT LINE 】
菅田将暉5年前を振り返り「当時、評判悪かった」有村架純が優しくフォロー