日本の食文化を世界に、未来に伝えることの重要性とは【BEYOND 2020 NEXT FORUM】

小山薫堂氏
 小山氏は「食のテーマパークを作るとしたら、僕は食のパーマネントコレクションを作ってみたい。料理を作品としてそのレシピをコレクションし、バックグラウンドふくめて伝えていことで日本の食文化の強みをきちんと伝えていくことができるはず」とアイデアを披露。さらに会場から上がった「コンビニのごはんがおいしいところも日本の食の良さでは」という声に、西氏は「実は、前回の東京オリンピック・パラリンピックのレガシーが今の食品流通に不可欠な冷凍食品技術でした。インバウンドで来る外国の方もコンビニのおにぎりが好きな人が多い。とくに包装が面白いのだとか」。小山氏も「食のテーマパークに、日本の“おいしい”を支える技術を紹介するコーナーを作ったら面白そう。でも一番大切なことは“なんでもおいしくいただく”という日本の心だということも発信したい」と語った。

 同プロジェクトでは今後、日本食、テクノロジー、文化、エンターテインメントなど多様な表現による食のテーマパークを考えるワーキングを産官学連携で、農林水産省や早稲田大学グローバル科学知融合研究所などで実施していく予定とのこと。
<<< 1 2 3 4 5
髙田延彦 うどん談義がいつの間にか故アンドレのエピソードに
東京2020の追加経費は合計2940億円。IOCが7.5%のロイヤリティーを放棄
高槻かなこと礒部花凜のBlooDyeに新メンバー! 4人体制で再始動
紫雷イオが女子ウォーゲームズ戦のチーム・ショッツィに電撃加入【WWE NXT】
西野亮廣、「経済止めてしまうのも良くない」。コロナ禍で“プペル展”が開幕
中山泰秀副大臣が起業を意識する学生にエール「防衛省も新領域における、スタートアップ企業との連携に期待」