SearchSearch

キーファー・サザーランド、新作ドラマPRで緊急来日!

2012.09.04 Vol.564

20120904a.jpg 大ヒットドラマ『24 TWENTY FOUR』のキーファー・サザーランドが、新作ドラマ『TOUCH/タッチ』PR会見のため緊急来日。3日、都内にて行われた会見に登壇し、新作への意気込みや日本のファンへの特別な思いを語った。
「日本のファンに会うためならどんな口実だって作るよ」と笑顔で登場したキーファー。「『24』のとき、日本のファンが最初からサポートしてくれて、おかげであれだけシーズンを重ねることができたと思ってる。日本のファンには永遠に恩を感じているんだ」とファンへの気持ちを語った。


 そんなキーファーが「この役を引き受けなかったら後悔すると思った」と熱く語るのが、今から日本でも放送される主演ドラマ『TOUCH/タッチ』。キーファー演じるマーティンは、無言症を患う息子・ジェイクとの関係に悩む新聞記者。あるときジェイクが綴る奇妙な数字が人々を救う鍵となることに気づき、ジェイクが示す数字をヒントに世界中の人々を救おうとするという物語。キーファーは、東日本大震災に触れたエピソードもあることを明かし「僕も実際に、ニュースで流れてきた遺留品の中に民家からのものが多くあると聞いて胸を痛めた。人々のつながりや、喪失と再生が描かれる物語でもあるので、多くの人に見てもらえたらと思う」と語った。



 またこの日、ゲストとして俳優・濱田龍臣が登場。ジェイクと同じ11歳という濱田から花束を手渡されたキーファーは満面の笑顔で受け取った。濱田から「将来はハリウッドで活躍したいと思っています。キーファーさんと共演できるような俳優になるにはどうしたらいいですか」と質問されると「文化や言葉の壁を超えられるのが演技だと思う。君が日本で積んでいく経験と、僕がハリウッドでやってきたことになんら変わりはない。将来、共演することは大いにあり得ることだと思うよ」と答え、感激した面持ちの濱田と握手を交わした。
「TOUCH/タッチ」は10月5日23時よりWOWOWプライムにて第1話放送

SPECIAL INTERVIEW 蒼井優

2012.09.03 Vol.564

『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』に続く蒼井優×岩井俊二監督の最新タッグ作が公開。カナダを舞台に全編英語で撮りおろされた、岩井ワールドの“ヴァンパイア”物語に、ミューズ・蒼井の存在感が光る!

“夢”のために始めた嘘が行きつく先とは…。

2012.09.03 Vol.564

 とある出来事をきっかけに“結婚を夢みる女たちから金を得る”ことを思いついた夫婦。彼らの嘘は、女たちだけでなく自分たちのの運命も狂わせていく…。

 松たか子と阿部サダヲという、日本映画界における唯一無二の演技派俳優が初共演で、結婚詐欺を繰り返す夫婦役に挑む! 妻が企て夫が騙す。一見理解しがたいのに、なぜか共感させられ、引きつけられる夫婦像を演じきっている。監督は『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』と、これまた唯一無二の作品を生み続ける西川美和。自らの原案によるオリジナル脚本と、毎度映画ファンをうならせる西川演出で、一筋縄では語れない男女の愛憎をあぶり出していく。心に隙間を持つ女たちに扮するのは、田中麗奈、鈴木砂羽、安藤玉恵、江原由夏、木村多江。それを取り巻く男たちに、伊勢谷友介、香川照之、そして笑福亭鶴瓶らひとクセある個性派男優たちが扮する。

 常識を超えた愛の絆なのか、破滅に導く鎖なのか。かつてない衝撃のラブストーリーの誕生だ。

25th TIFFプレイベント上映会『クリスマス・イブ』に15組30名 

2012.09.03 Vol.564

 第25回東京国際映画祭が、10月20日から開幕決定。港区・東京国際映画祭共催企画「東京国際映画祭プレイベント上映会」が今年も行われる。昨年の東京国際映画祭をはじめ各国の映画祭で絶賛された作品と、この秋ロードショーの新作映画を上映。
 今回は、昨年の東京国際映画祭 アジアの風部門 最優秀アジア映画賞受賞作品『クリスマス・イブ』(監督:ジェフリー・ジェトゥリアン)に読者をご招待!

 クリスマス・イブの夜、泥棒に入られてしまったアギナルド一家。なくなった物をめぐって家族それぞれの隠された秘密があらわになってしまい…。

 第25回東京国際映画祭は10月20日から〜28日まで。六本木ヒルズ(港区)をメイン会場に、都内の各施設で開催。


25th TIFFプレイベント上映会『クリスマス・イブ』に15組30名 

『推理作家ポー 最期の5日間』試写会に25組50名 

2012.09.03 Vol.564

 1849年10月7日、1人の作家が不可解な言葉を残してこの世を去った。彼の名はエドガー・アラン・ポー。コナン・ドイルや江戸川乱歩など世界中の作家たちに大きな影響を与え続けた“世界初の推理作家”。しかし彼の死の真相と最後の日々は今なお謎に包まれている。そんなポーの謎を、大胆な発想とスタイリッシュな映像でダイナミックに描き出すミステリーエンターテインメントが誕生。ポーを『2012』『シャンハイ』の実力派俳優ジョン・キューザックが演じる。

 ポーの著作に書かれた方法を模倣した連続殺人事件が発生。ポーは著作を汚す犯人を突き止めようとするのだが…。

 10月12日(金)より丸の内ルーブルほか全国公開。


『推理作家ポー 最期の5日間』試写会に25組50名  

最強メダリストがヒーローチームを結成!?

2012.08.29 Vol.563

20120829b.jpg 映画『アベンジャーズ』の大ヒット記念トークショーが29日、都内映画館にて行われ、ロンドンオリンピックのメダリストである、立石諒選手(競泳男子200メートル平泳ぎ 銅メダル)、千田健太選手(フェンシング男子フルーレ団体 銀メダル)、狩野舞子選手(バレーボール女子 銅メダル)、村田諒太選手(男子ミドル75キロ級 金メダル)が登壇した。



 アイアンマンやキャプテン・アメリカなどヒーローが集結する内容にちなみ、顔を揃えた"最強メダリスト"たち。立石選手は「僕たちはオリンピアンですから"ゴリンジャーズ"でいかがでしょう」と"最強チーム"結成に大乗り気だったが、村田選手から「彼らと戦ったら確実に負けるでしょうね」と返され、会場の笑いを誘った。見事金メダルを手にした村田選手だが、どのヒーローと戦いたいかと聞かれ「機械は勘弁してほしいのでアイアンマンとかはキツイです。キャプテン・アメリカもサンドバッグを引きちぎっていたので...」と苦笑。さすがの金メダリストもヒーローとの対戦は拒否したいようだ。



 帰国後、テレビやイベントでも引っ張りだこのメダリストたちだが、会ってみたい著名人がいるかとの質問に、村田選手は「ダウンタウン。1回だけしばいてほしい」、千田選手は「フェンシングの前はサッカーをやっていたのでカズ(三浦知良)選手にお会いして一緒にサッカーをしてみたい」、狩野選手は「Mr.チルドレンの桜井(和寿)さん。歌ってほしい」、立石選手は「竹内結子さん。でも緊張して話せないと思います」と、それぞれ憧れの人を明かした。また、今後について村田選手は「プロに行くのはありえない。どの道を進むにしても指導者を目指したい。まずはちょっと休みをください」とコメント。改めてプロ転向を否定した。



 映画『アベンジャーズ』は現在、全国公開中。


(写真左から村田選手、千田選手、立石選手、狩野選手)


 

矢沢が『デンジャラス・ラン』イメージソングを担当

2012.08.28 Vol.563
20120828d.jpg
 矢沢永吉が、デンゼル・ワシントン主演最新作『デンジャラス・ラン』(9月7日公開)のイメージソングを担当することが分かった。曲は、矢沢が、自身のデビュー40周年を記念して発表した最新『Last Song』に収録されている「翼を広げて」。
 
 今回のコラボレーションは、デンゼル・ワシントンと矢沢永吉それぞれが、スクリーン、ステージで力強いパフォーマンスを繰り広げるところに共通項を見出した映画会社が矢沢にオファーし、実現したもの。

 映画は、元CIA最強のエージェントでありながら、36カ国から指名手配を受けている犯罪者フロスト(デンゼル・ワシントン)と、彼が連行されてきた隠れ家の管理人で新米CIAのマット(ライアン・レイノルズ)が、何らかの理由で狙われ、逃亡するという緊迫したストーリー。
 
 矢沢の疾走感あふれるナンバーが、この映画の世界をさらに加速させる。

世界4大映画祭上映作が横浜に集結!

2012.08.28 Vol.563

20120828b.jpg 横浜・みなとみらいのショートフィルム専門映画館、ブリリア ショートショート シアターにて、9月1日より「世界4大映画祭プログラム」と題し、各映画祭で高い評価を得たショートフィルムを一挙上映する。



 上映作品は、ロカルノ映画祭(2011)で上映されたオーストラリア映画『卒業式』、ベルリン国際映画祭(2012)で上映された韓国映画『隠された真実』、ヴェネチア国際映画祭(2009)で上映されたポーランド映画『キネマトグラフ』、カンヌ国際映画祭(2007)で審査員特別賞を受賞したニュージーランド映画『ミルク』の4本。60分で世界4大映画祭上映作品4本を"イッキ見"できる、ショートフィルムならではの必見プログラムだ。



 ブリリア ショートショート シアター「世界4大映画祭プログラム」【期間】9月1日(土)~30日(日)※火曜日休館
【URL】http://www.Brillia-SST.jp/
写真:カンヌ国際映画祭(2007)審査員特別賞受賞作品『ミルク』。

阿部サダヲ、5人の美女を日替わりで…!?

2012.08.27 Vol.563

20120827a.jpg 映画『夢売るふたり』のヒット祈願イベントが27日、神田明神(千代田区)で行われ、出演者の松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、西川美和監督が浴衣姿で登壇した。



 松と阿部が結婚詐欺師の夫婦を演じていることにちなみ、全員で映画のヒットと縁むすびを祈願。神妙に祝詞を聞いていたかと思いきや、浴衣美女5人に囲まれた阿部は「神聖な場所で少しだけいやらしいことを考えました」とデレデレ。一方、結婚詐欺師を演じただけあって、阿部の浴衣姿も女性陣に大好評。西川監督がすかさず「すごく色っぽく見えますね。『愛のコリーダ』(阿部定事件を題材にした大島渚監督の作品)とかできるんじゃないですか」と見事なツッコミを入れ、阿部も「(名前が)阿部サダヲだけにね(笑)」と苦笑。



 そこへ記者から阿部に「誰の浴衣姿が一番?」という質問が。阿部は「そんな質問するんですか?」と焦りながらも「土日は休むとして、月曜日は...」と、日替わりで美女たちと楽しみたいという本音をポロリ。それでも「自分の得意なところで売ってないところが、やるなあと思う」という松をはじめ、女性陣からべた褒めされた阿部は「この浴衣が買い取りになるんじゃないかというくらい汗が...」と照れていた。



 またこの日、前田敦子のAKB48卒業記念公演が行われると聞いた阿部は「芸能ニュースを独占しないで、1つくらい分けてほしいですね。(映画の)客層はAKB48と被らないように思うので、今日AKB劇場に行かない人は全員に見てほしい」と対抗意識を見せつつ映画をアピールした。『夢売るふたり』は9月8日(土)より全国で公開。


 

『キック・オーバー』試写会に15組30名 

2012.08.27 Vol.563

 メル・ギブソン、アクション復活! 『マッドマックス』『リーサル・ウェポン』シリーズなど、数々のアクションエンターテインメントで人気俳優としての地位を確立し、近年では映画監督としても高い評価を得る彼が、再びタフでワイルドな男を熱演!
 マフィアから大金を強奪した男、通称“ドライバー”。アメリカからメキシコへ逃亡を図るがあえなく失敗。逮捕された彼の行き先は、史上最悪の刑務所“エル・プエブリート”だった。悪徳所長から地元警察、凶悪な囚人まで、あらゆる者を敵に回すドライバー。はたして彼は金を取り戻し、ここから抜け出すことができるのか…!?
 10月13日より新宿バルト9他にて公開。


『キック・オーバー』試写会に15組30名

『SAFE/セイフ』試写会に15組30名 

2012.08.27 Vol.563

『トランスポーター』シリーズのジェイソン・ステイサムが、最強キャラクターに挑む! ワイルドな鉄拳バトルはもちろん、壮絶な銃撃戦、ド迫力のカーチェイスと、アクションの醍醐味がノンストップで展開。

 元市警の特命刑事だったルークは、ある事件で職を追われ今ではマイナーな総合格闘技のファイターにまで落ちぶれていた。ある時、負けなければならない八百長試合で相手をKOしてしまい激怒したロシアンマフィアに妻を殺されてしまう。廃人のようになったルークが自ら命を断とうとしたそのとき、1人のアジア人少女が妻を殺した男たちに追われているのを目撃。ルークは少女を救い出すが…。

 10月13日より新宿ピカデリー他全国ロードショー。


『SAFE/セイフ』試写会に15組30名 

Copyrighted Image