GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第5弾「驚き」

2018.07.12 Vol.Web Original
最近ビックリした事は 家のハンガーラックが物凄く傾いていた事です! Tシャツをかけているハンガーラックが いつもより前のめりだなーっと思ったら 案の定、かなり傾いてる!!(笑) 昨日、今日で傾いたわけではないだろう… おそらく、Tシャツが一枚、また一枚と増えていき そのTシャツ達をハンガーラックにかけていく過程で 少~しずつ傾いていたのだろう。 「毎日見ていたので、その変化に気づかなかったのだろう。」 そう思うと、意外と気づいていないだけで 身の周りでは少しずつかも知れませんが、 なにか変化が起こっているのかも知れませんね! 実家の猫が少し太った気がする事を母親に伝えても わからないと言われるのは、その一つかもしれません!(笑) そして話は変わりますが、最近すごく盛り上がっている サッカーワールドカップ! 皆さんはご覧になられていますか? 僕は日本戦を全試合リアルタイムで観ていました! やはりスポーツ選手の皆さんは本当にすごいです! 何よりも日本の代表として国を背負って戦っている姿にはとても感動します!

GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第4弾「漫画と、小森少年と、GENERATIONSと」

2018.06.28 Vol.Web Original
第4弾は… そろそろ砕けたお話も少し… 僕は小さい頃から”漫画”が大好きで 小学生の時から『週刊少年ジャンプ』の虜になった、 まさに純粋な夢見る丸刈りの少年でした!(笑) 毎週増えていくジャンプ… そして定期的に増えていく単行本… どう考えても最終的に保管するスペースがないのです。 これは当時の小森少年の最大の悩みでした。 実家が三重県ということもあり 倉庫を持っていたじいちゃんの家に 漫画を送りつけて保管するという 今考えればかなり迷惑なことをして生きていました…(笑) ですが、ある年、正月実家に帰ると 「漫画を整理した」と告げられ 倉庫の中にあったはずの漫画を思い出して悲しむ… そんな年始もありました。 今思い返すとなかなか単純な自分がかわいくなります(笑) GENERATIONSと漫画。 なかなかイコールにならないと思っていた僕に 1つの夢が叶う瞬間が! 2015年にリリースした僕たちのシングル 「Hard knock Days」という楽曲を 「ONE PIECE」のオープニングテーマに起用していただけたのです! これは本当にありがたい事です!! 初めてテレビから流れる自分たちの曲と一緒に 「ONE PIECE」のキャラクターが動いてるのを見た時の感動は いまだに忘れません!! あの時、漫画を整理されて、泣いていた自分に伝えてあげたいです。 「その涙は無駄じゃないぞ」って(笑)

【新連載】GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】 第3弾「毎晩、矛盾と闘っています」

2018.06.14 Vol.Web Original

小森の小言第3回!! 早いもので 小言3回目を迎える今 僕たちの初のドームツアー「UNITED JOURNEY」もついに折り返し、 残すは東京ドームとなりました!! 本当に今年は時が過ぎるのが早く 先ほどのドームツアーもそうですが、今年は年始に 初のベストアルバムをリリースして 初の中国ツアーも周り 初のレギュラーラジオ TOKYO FM『よんぱち』が始まってから2カ月が過ぎ いろいろなことにたくさんチャレンジさせていただいてます! 本当に時間が過ぎるのが早い… と、言ったばかりですが まだ6月…!? まだ6月なの? って毎晩自分の気持ちの矛盾と闘っています。笑 6月は僕の誕生日の月でもあり 誕生日がリリース日で とても大切な月にしたいと思っております!笑 先日のライブが福岡で 6月9日、10日とあったのですが 個人的に22歳ラストステージということで すごくいろいろなことを感じながら パフォーマンスさせていただきました! 改めて、ステージから見える景色に 本番中も終始感動していました! 端から端までたくさんの方に来ていただき 自分は本当に幸せ者だなぁ〜っと。 改めて皆さんの存在が自分にとってパワーになるのだと思いましたし 皆さんに元気を与えられるように自分ももっと頑張ろうと思いました!! ところで 誕生日はたくさんの方に祝っていただき 本当にうれしい反面 こんな自分ですみません。 と、自分を見返して落ち込むのを 共感できる人いませんか?笑 自分の反省点やダメなところ… 僕なら すぐに物を失くしたり 汚したり 23歳にもなってとても騒がしかったり GENERATIONSではメンバーからの助けもあって MCを担当させていただいているのですが 未だにカミカミなところとか…笑 お祝いしてもらう反面 もっと頑張らないとな と毎年プレッシャーを感じてます。笑 ですが、 先ほど話したようにいろいろなことにチャレンジさせていただき 時が流れることを早く感じながらも、 思いの外時間が経ってないことなど めまぐるしく何かが起きてるという事は 本当にありがたい事です! 何もない時は、ろくな事を考えない。 そしてなりふり構わず何かに集中できる事が 一番の物事の吸収になると感じています! 何かをするという事は ”評価”されるという事につながるかもしれません。 そうなるとどうしても これをやったらどう思われるだろう? 新しい事にチャレンジした時に 失敗してしまったらどうしよう? って考えてしまうものです。 けれども 何も考える事なく突っ走れると 失敗も経験のひとつとして 自分の大切な判断材料に変わります! 成功すれば自信に変わります! そのようにまっすぐに何事にもチャレンジし続けることができる ポジティブな自分になる事が23歳の目標です!! 今後とも GENERATIONS、小森隼 応援よろしくお願い致します! 【小森の小言】は毎月第2・第4木曜更新予定です! お楽しみに!

【新連載】GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】 第2弾 「本当の本当の初めてではないのです」

2018.05.24 Vol.Web Original
今回の小森の小言 連載第2回目!! 前回はGENERATIONの初のドームツアー「UNITED JOURNEY」のスタート前だったのですが 名古屋公演初日を終えて、少し振り返りをしたいと思います!! まず、GENERATIONSは単独でのドームツアーは初めてになるのですが、 ドームのステージに立つのは今回が初めてではありません! デビューする前2012年に行われたEXILE TRIBEのツアーで サポートダンサーとしてステージで踊らせていただいたのが、 初めてのドームのステージでした! その後、EXILEさんのLIVEや2014年の2度目のEXILE TRIBEのLIVEツアーで パフォーマンスさせていただいた経験があり、 今回のツアーが本当の本当の初めてではないのです! 先輩方のお力があり、普通では経験出来ないようなステージでの挑戦を経て、 今回の僕たちの単独ツアーにつながっていることは、僕たちGENERATIONSの強みでもあります! EXILE TRIBEの名で、三代目 J Soul BrothersとGENERATIONSの コラボレーション楽曲をリリースさせていただいたり、 先輩のツアーファイナルに出演させていただけたりと… 振り返るだけでも、本当にたくさんの経験と思い出があります! その中でGENERATIONSとしても“自分たちのステージでツアーがしたい” という想いがすごく強くなりました! そして、5月12日。 とうとうGENERATIONSとして初の単独ドームツアーの初日を迎える事が出来ました! 初日の前日、 会場で実際のLIVEを想定したゲネプロと呼ばれるリハーサルをしている時は まだまだ実感が湧かず… 本当にこの会場に皆さんが来てくれるのだろうか? と、不安でいっぱいでした。 スタッフさんから、チケットの券売状況など教えていただいていたのですが、 それでも信じられず… 来てくださる約4万人の皆さんに楽しんでいただけるか… 元々、ネガティブな性格の僕は時間が経てば経つほど どんどん深~い深~い闇の中に……笑 ですが、本番当日ステージに立った時には 格好付けて居たはずの僕が 後で映像確認をすると… にやけてる!!!!笑笑 完全ににやけてます! でも、鮮明に覚えています! ステージに上がった瞬間 本当に目の前に皆さんが居る。 僕を見て、喜んでくれる方、涙してくれる方 本当に皆さんのさまざまな表情や声援、熱気にワクワクして、 踊る事の素晴らしさを感じた瞬間を! まだ始まったばかりですが、 より良いパフォーマンスを皆さんにお届け出来るように GENERATIONS全員で頑張ります! まずは明日からの大阪公演、 ぶちかましたるで~!(笑)

【新連載】GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】 第1弾 「ドームツアー、そしてコラムも始まります」

2018.05.10 Vol.Web Original
この度TOKYO HEADLINE で連載を行わせていただくGENERATIONS小森隼です!! さまざまな方との出会いがあり今回連載をさせていただくのですが 初回はまず僕の自己紹介から僕のパーソナルな部分を紹介したいと思います! まず僕を紹介する上で欠かせないのは 「GENERATIONS from EXILE TRIBE」というグループです! LDHの所属グループでEXILE、EXILE THE SECOND、三代目J Soul Brothersの 次となるダンス&ボーカルチームです! その中で僕はパフォーマーを務めています!! パフォーマーの概念や考え方などは 先輩のEXILE TETSUYAさんがTOKYO HEADLINEで連載しているコラムを ぜひご覧ください!!

Copyrighted Image